人は歳と共にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は一段と、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値が上昇します。「ベジタブルファースト」は血糖値上昇の予防につながります。まずは野菜から食べるといった食事法です。ゴボウやキャベツなどの食物繊維を豊富にふくむ野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用を持たらします。食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。食事について、一日3度の摂取量は同量程度が望ましいのですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。ゆっくり食べた方が、血糖値の上昇を抑えられたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。いくら仕事が忙しくても、5分で食事をすませるようなことは控えましょう。食物繊維は血糖値を下げる効果があるため、海藻類やきのこ類を多く摂るようにしてください。ポテトやコーンは糖質が多い為要注意です。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalが相応しいとされているひとについては、1日20単位の食品と置き換えることができますが、バランスのよい栄養素を摂取することが大切になってきます。代表的な外食メニューも、「食品交換表」には紹介されています。カロリーや栄養素を参考にしておくとよいでしょう。食事療法だけでなく薬物療法も行っている場合、適切なタイミングで食べものを摂らないと、状況次第では低血糖になる恐れがあるので注意が必要です。その時節独特の食材をメニューに取り入れたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってください。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。日々の睡眠・体温・血圧、あるいは体内の糖代謝・脂質代謝といった、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」に大きく左右されます。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」のことです。「何をどのくらい食べるか」という従来の栄養学に、「食べるタイミング」といった体内時計の特質を付け足し、食事のリズムと機能性が持たらす作用について新しく研究する分野です。日本人(外国の方からみると、おかしいと思うことがよくあるみたいですね)の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ予備軍だから、今までどおりの食生活で大丈夫、適度な運動も必要だと思受けどできない」と考えている方々もいるでしょう。糖尿病予備群の段階ではなんの症状もないので、予防のための注意を払うことは少ないかも知れないでしょう。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、病状が顕著になり始めます。体内の重要なホルモンのうち、血糖値を下げるために欠かすことのできないインスリンの分泌量の変化は、糖尿病にとって最も顕れやすい症状です。糖尿病を大別すると、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病となります。そのうち、日々の食事内容や生活の習慣の影響は大きく「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。始めは血糖値が高くても自覚症状が伴わず、何かと病状悪化の原因となり様々な合併症を誘発します。適切でない食習慣は2型糖尿病の原因にもなりかねないので、食生活の改善なくして治療は行えないでしょう。体重や血糖をコントロールし糖尿病性の合併症を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。糖尿病になったら、厳しい食事制限をしなければいけないと考える患者さんが多いと思います。しかし、糖尿病を患ったからといって、大抵の食べものを摂ることができます。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」という所以ではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を考えながら実践することが目的になります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんへむけた絶対条件というものではなく、健康なひともふくめみなさんが考えないといけないことなのです。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンがバランスを崩し、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病発症後は治療の目的として、生涯にわたり体重・血圧・血糖・血清脂質の数値を正常な状態に近づけることで、糖尿病合併症(網膜症・腎症・神経障害)や動脈硬化症(心筋梗塞(急性心筋梗塞、亜急性心筋梗塞、陳旧性心筋梗塞などがあります)・脳梗塞・足壊疽)を予防し、自由にからだを動かし活発な日常生活はもちろんの事、充実した人生をおくるようにすることです。治療法はさまざまですが、正しい指導の持と食事療法を通して、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。糖質の摂取目安として、「緩やかな糖質制限食」では1食につき40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、食事は少なめにすることが重要です。最も良くないのは若年層にありがちな「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」です。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも良くありないでしょう。つまり、バランスの偏った糖質ばかりの食事はよくないと言うことです。糖質制限を意識して「バランスのとれた外食と食事の摂り方に注意して下さい」と、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品持たくさん摂りましょう。多種色々な栄養素を適量摂ることが、糖尿病を患った方には非常に大切な食事法です。バランスのよい食事をとる為には、適切なエルルギー量の範囲内であることが大切であり参考になるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、それぞれに多く含まれている栄養素を持とにして、6つの食品グループ(6つの表)と調味料に分けて、1単位80kcalに合わせた食品の重量が掲さいしてあります。日常的に食品交換表を利用することで、料理のメニューの参考にもなります。こちらもおすすめ>>>>>糖尿病食 宅配 口コミ