腎臓は働きが弱くなると病状が進んで一般的に腎不全へ移行します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。慢性腎不全については、その特性により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。腎臓病は遺伝性の腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能になります。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではなかなかわからなかったりするので、常日頃の健康管理が大事です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察を受けましょう。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。1日分の尿への尿素窒素やナトリウムの排泄量を見ることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の成長段階に必要なホルモンを作り出すなどの我々の体にとって大事な働きをしているのです。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。このような食事療法については、栄養士の指示で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量に比べると約半分であるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施困難な方を多く見受けます。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多く含まれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿が作られ機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも含まれているカリウムが、間違いなく多量です。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。健康な腎臓機能でなくなると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、これまでの透析療法や移植とは別にますます治療法も増加しており、各々の条件に適した治療を受けることができます。参考にしたサイト⇒腎臓病食 宅配 口コミ